オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

2020.04.06

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

実は昔からあるインテリアパーツ「有孔ボード」

そう、有孔ボードはずっと昔からありましたが、昨今のDIYブームを受けてその魅力がクローズアップされています!

名前にあまり馴染みのない方も、写真を見ればわかる「穴の開いた薄い板」です。自分の好きな場所にフックや棚をつけられること、さらにSNS等によって有孔ボード面をおしゃれに飾った画像を見る機会も増え、男女問わずニーズが高まっています。

そしてあのPanasonicからも有孔化粧ボードが発売中!さらにMATERIALでもお取り扱いが始まりましたので、今回は有孔ボードの使い方や設置のポイントもご紹介します。

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり
オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

Panasonic 有孔化粧ボード(180cm×90㎝) QPS043601

¥ 16,000(税込17,600円) ~

有孔ボードをおしゃれに活用!

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

有孔ボードの一番の特徴は、棚やフックなどの金具をボード上の好きな場所に取り付けることができることですね。

例えば、ロードバイクが趣味の方は玄関の壁面に貼って見せるガレージスペースに。バッグやヘルメットを引っ掛けるだけではなく、空気入れや工具もディスプレイするように掛ければ、インテリアとしても素敵です。さらに省収納スペースで掃除もしやすい、一石三鳥な空間を実現できます。

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

参考:Panasonic「部屋づくりを、思いっきり楽しもう!」https://sumai.panasonic.jp/interior/enjoy/case/08.html

こちらはかなりの上級者!アトリエで使うグッズを有孔ボードで見せる収納。ここまでカスタマイズできるのは有孔ボードならではです。

なんと!カラーバリエーションは8色!!

有孔ボードって「白」のイメージがありませんか?日本の住宅では白い壁紙が普及しているため、空間に馴染む白い有孔ボードが多く生産されていたのでしょうね。

しかし、昨今では色柄豊富な壁紙を自由に楽しむ時代になってきました。有孔ボードでも同様に、カラーバリエーションを豊富に展開して空間のアクセントとしても楽しむインテリアパーツとして再注目されています。

Panasonicの有孔化粧ボードは同社の建材カラーバリエーションと同柄を揃え、さらに塗装が可能なワイルドオーク柄もラインナップしています。

つまり、新築やリフォームで使うメリットだけでなく、DIYで有孔ボードを設置したい方にもピッタリの商品!

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり
オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

こんな感じでかっこいい空間づくりもできるのが新しい有孔ボード!

機能面だけでなく、お部屋の雰囲気に合ったものをチョイスできる楽しさがあります。

忘れちゃいけない!カッコイイ金具も揃ってます。

そして、有孔ボードに欠かせないのは、フックなどの金物です。吊るすだけでなく、バーに板を乗せて棚にしたり、ポケットのような金物があったりとたくさんの種類があります。MATERIALでもご購入いただけますので、ぜひご一緒にご購入を!

有孔ボード設置のポイント

有孔ボードを設置する際のポイントとしては壁との隙間を作ることです。

壁に隙間なく貼ってしまうと、フックなどが掛けられないのでご注意ください。

その隙間を作る方法としていくつかご紹介します。

★専用止め具を使う(木下地用・石膏ボード下地用など形状も様々)

★LABRICO等で柱を立てて、有孔ボードを柱に固定する(賃貸でも設置可能)

→LABRICOの詳細はこちらから

★ボード裏に木桟をつける

★ワッシャーやナットを使う

★ボードの周りに枠をつけて、壁に設置※下図参照(Panasonic有孔ボードと同色の縁部材もございます)

また、吊り下げる際にはフックやボードの耐荷重を守ってご使用ください。

オシャレな壁DIYの代名詞「有孔ボード」でお部屋づくり

いかがでしたか?

設置の仕方で、機能的な収納ができたり、アクセントウォールのようなデザイン性を楽しむことができたりとこれから益々注目度が上がる有孔ボード!

簡単に固定できる専用止め具や賃貸でも設置できる方法などもありますので、DIY初心者の方にもぜひおすすめしたいアイテムです。

最近チェックした商品